エルメスについて

エルメスとは

1837年にティエリー・エルメスがパリに馬具工房を開いたのが始まり。自動車の発展による馬車の衰退を見越し、"クージュ・セリエ(サドルステッチ)"という鞍縫いの製法を活かし、約100年後に登場するバーキンの原型にもなるエルメス最初のバッグ「サック・オータクロア」をはじめ、腕時計、香水、既製服などを手がける。類稀なる観察眼と創意工夫の才に恵まれたティエリーの孫・エミール・エルメス以降3世代に渡って収集されたエルメスのコレクションは、その後のクリエイターとの出会いによりさらに発展する。

犬の首輪からコリエ・ド・シアン、金属の馬具に生命を吹き込むジュエリーはピエール・アルディがデザインを担当。モナコ王妃グレース・ケリーが愛用した「ケリーバッグ」、ジェーン・バーキンのために製作され、世界中の女性の憧れの的となる「バーキン」などが代表作。

エルメス高価査定のコツ

  • 最上級の革製品 保管状態が大事!

    エルメスの皮革製品は素材によって非常にデリケートです。元の素材の質感が一流なだけに、中古であっても革素材をいかに良い状態で保てたかにより査定額が大きく変わってまいります。

  • カデナ、クロシェット、ストラップ等の付属品を忘れずに!

    エルメスの定番モデルである「バーキン」「ケリー」「ボリード」はカデナ・クロシェット、また、「ケリー」等にはストラップが付属しております。
    それらの付属品の有無で査定額も変わって参りますので忘れずにご持参ください。

エルメスの査定ポイント

  1. 01

    同モデルでも革の素材、色によって査定金額が大幅に変わってくる!

    同モデルでも革の素材、色によって査定金額が大幅に変わってくる!
    エルメスでは同じモデルであっても革素材・色のバリエーションが豊富にあります。
    近年、型押レザーに新色の組み合わせが人気の傾向にあります。

エルメスの質/買取実績一覧

楠本質店のサービス

お取り扱いラインナップ