ルイヴィトンについて

ルイヴィトンとは

■概要
1854年、荷造り用のトランク職人であったルイ・ヴィトンによりブランド設立。輸送機関の発展に着目し、当時の丸蓋トランクから積み重ねが可能な平蓋トランクを考案。また、防水加工を施した特殊コットン素材により軽量になり、トランクは瞬く間に評判となる。以降ブランドは急成長を遂げ、2代目のジョルジュ・ヴィトン時代の1896年にはコピー対策として考案されたモノグラムがヒットアイテムとなり、ブランドのアイコンとなる。1987年、ルイ・ヴィトンと大手シャンパンメーカーのモエ・ヘネシーが合併して誕生した「LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)」グループの中核ブランドとなる。1997年にはクリエイティヴ・ディレクターとしてマーク・ジェイコブスを迎え、ブランド初のアパレルラインをスタートさせる。アートへの関心が高いマークにより、スティーブン・スプラウスや草間弥生、村上隆など現代アーティストとの様々なコラボレーションを行い、ブランドに新たな息吹を吹き込むことに成功。毎回豪華なコレクションと斬新な技法により、モード界におけるトップの座を不動のものにした。2011年にキム・ジョーンズがメンズラインのクリエイティヴ・ディレクターに就任。2013年春夏パリコレクションをもってマークが退任。現在は元「バレンシアガ(BALENCIAGA)」でクリエイティヴ・ディレクターを務めていたニコラ・ジェスキエールが担当し、メンズコレクションについてはキム・ジョーンズがチーフディレクターに就いている。

■歴史
ルイ・ヴィトンは1821年、フランスで12人兄弟の6番目の子供として生まれる。14才の頃に母親との不仲が原因で家出し、パリに向かう。当時、針金で裾を広げたスカートが流行しており、旅行の際にかさばったスカートを何枚も持ち歩く富裕層は専用のトランクが必要であった。そのため「畳んでかばんにつめる」という荷造り職人がおり、ルイ・ヴィトンは一流の荷造り職人の見習いとなる。そして実力をつけ、フランス皇室からの注文を受けるようになり、フランス随一の職人となる。
[黎明期(1854年-1892年)]ルイ・ヴィトンが評価され始めるようになったのは、創業者のルイが亡くなった後のことである。ヴィトン社はまず「グリ・トリアノン・キャンバス」 というトランク工場を構える。1854年、33歳の頃に独立。ルイ・ヴィトンは世界初となる旅行用鞄の専門店をパリ・カプシーヌ通りに店をオープン。また同年に結婚し、3年後の1857年には息子のジョルジュ(GeorgesVuitton) が誕生。1859年、アニエール=シュル=セーヌに最初のアトリエを構え、特殊コットン素材の軽量なトランクを販売。瞬く間に発展を遂げ、1869年にはエジプト総督のイスマーイール・パシャが、1877年にはロシアのニコライ皇太子(後のニコライ2世)がそれぞれトランク注文するなど、各国の要人からも支持を得た。
1885年、ヴィトン社はロンドンに初めての店舗を構える。ここでも成功を収めたルイ・ヴィトンの勢いは止まるところを知らない。1888年、模倣品防止のために開発した、ベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」は看板商品のひとつとしていまなお根強い人気を誇っている。
1892年、ヴィトン社はハンドバッグの販売を開始。その年の2月27日にルイは自宅で息を引き取る。その後ジョルジュが会社の全権力を握ることとなった。[黄金期(1893年-1936年)]父ルイの死後、ジョルジュはルイ・ヴィトン社を世界的な企業へと押し上げた。ジョルジュは、万国博覧会に出展するなどして会社をうまく運営し続けた。著書「Le Voyage(フランス語で旅の意)」を出版した。1896年、ダミエの模倣品が出回ってきたことから、ルイ・ヴィトンは新たなデザインを発表する。モノグラム・ラインと呼ばれる新たなシンボルは、「LV」というマークが描かれており、万国博覧会で目にした日本の家紋に触発されたとされている。

1914年、パリに世界最大のトラベル・グッズ専門店をオープン。1978年3月に東京初進出。日本橋高島屋、サンローゼ赤坂、渋谷西武の3カ所に出店。1981年には銀座に初の直営店をオープンさせた。1987年に大手シャンパンメーカーのモエ・ヘネシーと合併契約を結び、コングロマリット、LVMHとして生まれ変わる。その後LVMHはクリスチャン・ディオールやフェンディ(FENDI)など有名ブランドを傘下におさめる巨大グループにまで成長する。
[鞄からファッションブランドへ(1997年-)]1997年、プレタポルテ参入を計画。クリエイティヴ・ディレクターとしてマーク・ジェイコブスを迎え、ブランド初のアパレルラインをスタートした。1998年、秋冬パリ・プレタポルテ・コレクションでルイヴィトンのレディースコレクションラインがデビュー。2000年よりメンズコレクションラインもスタートした。2014年、「バレンシアガ」でクリエイティヴ・ディレクターを務めていたニコラ・ジェスキエールがアーティスティック・ディレクターに就任。メンズコレクションラインはキム・ジョーンズがチーフディレクターに就任。

ルイヴィトン高価査定のコツ

  • 人気素材だと高評価!!

    定番の素材であるPVC加工を施してあるモノグラム、ダミエの素材が定価に対して割高に査定される傾向にあります。
    一方で定価設定の高いレザー素材や特殊な素材は、定価に対して割安になる場合もございます。

  • 人気モデル、新作は高評価!!

    特殊なモデルよりも誰もが日常で使用できる定番なモデルが比較的高く査定される傾向にあります。
    また、特に人気素材の新作モデルは高評価されます!

ルイヴィトンの査定ポイント

  1. 01

    未使用品でも製造年により査定額が変わる!!

    未使用品でも製造年により査定額が変わる!!
    ルイヴィトンの製品には、例外を除きほぼすべての製品に製造番号があり、製造年月、製造工場を判別する事ができます。
    例え購入してから一度も使用していない新品の状態でも、数年前に製造されている商品ですと売買価格が変わってまいります。
    特に新品の状態のルイヴィトン製品の売却をお考えのお客様は、なるべく早く売却される事をお勧めいたします。

ルイヴィトンの質/買取実績一覧

楠本質店のサービス

お取り扱いラインナップ